FC2ブログ
小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
0225.jpg   0231.jpg

働きアリが毎日ぞくぞくと羽化しています。

最近一気にアメイロケアリが羽化したせいか、ほとんどのトビイロケアリは巣の外にいるようになりました。

ですので飼育ケースは一面アメ色、そこに女王やわずかなトビイロケアリがいいアクセントとなってとても綺麗です。

そして、やはり・・・卵の産み方にはムラがあるようです。
幼虫は終齢(第一陣)と初齢(第二陣)とに分けられていて、その間をつなぐ大きさ(2齢、3齢)がほとんどありません。
また、卵塊も春先のように急激に増えることはなく、写真のように常に女王の体長くらいを維持しています。
コメント
この記事へのコメント
 私のクサアリモドキは今、大きな幼虫から小さな幼虫、そして卵、繭と揃ってきています。
 小さな幼虫がいること、繭になる幼虫が毎日数匹いるんですが幼虫数は減らないこと、卵塊の大きさも殆ど変っていないので順調みたいです。
 飴色の働きアリと黒い女王。
 いつ見ても面白い組み合わせですね。
2009/06/06(土) 23:20 | URL | あにまりあ #RYwjtJbA[ 編集]
飴色と黒色が共存しているところが何とも面白く、アリ飼い心をくすぐります。笑
今年はどこまで増えてくれるのか戦々恐々としてます。
飼育ケースがもう一杯になってしまって・・・
2009/06/09(火) 00:22 | URL | YASU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。