FC2ブログ
小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


産卵開始から1ヶ月が経ちました。

卵塊はご覧のようなもりもり状態。
もうパッと見でどれくらい増えたかを類推することは難しくなってきました。

いま間違いなく言えることは、産卵し続けている、ということでしょうか。
女王の動きはとても活発で、いつも同族の働きアリに囲まれて手厚いグルーミングを受けています。

越冬幼虫もほぼ全てが蛹になりました。
3952.jpg

途中で引越しをさせたせいでしょうか。
繭を張るタイミングで屑かけをしてもらえなかった終齢幼虫は全て裸蛹になりました。


そろそろ孵化を期待してしまいますが、この卵塊の規模を目の当たりにすると・・・
少し不安になってきました。
コメント
この記事へのコメント
 凄い量ですね。
 ケアリ寄生種はいったん産卵が始まればどかどか産むそうですから、一気に発展が望めますね。
 私のクサアリモドキは卵塊が大きくならないんですが、よく見たら孵化して少し経った大きさの幼虫がちらほらいるんですね。
 どうも最初に産み始めたものが孵化し始めたようなんですが、その割に卵塊が大きさが変わっていないということは産んでるのかな・・?

 余談ですが、335でした。
 333狙ってたんですが・・
2009/04/11(土) 21:19 | URL | あにまりあ #RYwjtJbA[ 編集]
そうですね。
孵化が始まったら一気に増殖サイクルが回りだすことを期待しています。
そちらではもう孵化が始まったんですね。
2009/04/13(月) 01:22 | URL | YASU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。