FC2ブログ
小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


アメイロケアリの幼虫が繭を作り始めました。

アメイロケアリの幼虫は大きな状態(3齢くらい?)で越冬していましたので、成長を始めたらすぐにでも繭になるのではと思ってました。
今のところ繭を作り始めたのはこの2個体のみです。
ですが他の幼虫もほぼ全てが終齢に達しているので、これから少しずつ繭が増え始めると思います。

3724.jpg


一方、ヒゲナガアメイロケアリではいまだ産卵はなく、幼虫の成長もみられません。
最近の室温は18~22℃くらい。
もう少し暖かくならないとだめなのでしょうか。
少し心配です・・・
コメント
この記事へのコメント
 我が家のクサアリモドキはまだ繭を作ってません。
 割と齢が浅い段階で越冬に入ったためだと思いますが、正直どれくらいの大きさの幼虫になるのやら・・?
 餌はよく食べてます。体内に色が入り何より色が透明です。数も多いです。
 23℃だと・・あと1カ月以上は成虫、見られないだろうなぁ。
2009/03/21(土) 20:56 | URL | あにまりあ #RYwjtJbA[ 編集]
確かに。クサアリモドキとケアリでは体格差が大きいですね。
ケアリのワーカー数にもよると思いますが、このままいくと通常の給餌では追いつかなくなるのではと危惧してしまいます。
うちではヒゲナガアメイロケアリが1齢もしくは2齢で越冬しましたので、やはり成虫まではひと月は掛かるのではと思っています。
2009/03/23(月) 20:24 | URL | YASU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。