小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当たり前といえば当たり前なんですが・・・

アメイロケアリ寄生のために繭取りをしているトビイロケアリ。
繭取りで結構な数の働きアリも付いてきてしまう。
この働きアリも導入に使うんですが、ことしは寄生種女王との相性が悪く全て導入、という訳にはいかない。

結果、残った働きアリは丸一日そのままプラケース内に放置することになるんですが・・・

夜、保湿用に水を含ませたティッシュを入れたとたん、全ての働きアリが集まって水を飲んでいる。

IMGP6283.jpg


よっぽど喉が渇いていたらしい。
舐める程度かと思って見ていると、みるみるお腹が大きくなりパンパンに。

観察していると、うちで飼育しているほとんどのアリは水を飲む。
特にアメイロケアリ、トビイロケアリ、クロオオアリ、キイロシリアゲアリではよく飲みます。

また、種類問わず捕獲した新女王は必ずと言っていいほど水を飲みます。

話は少しそれますが、私は育児中の新女王にエサを与える派です。
というのも、土を染みとおってきた雨水は薄いながらも必要な養分が含まれているはずで、育児中の新女王の貴重な栄養源になってると思ってるからです。

もちろん、エサを与えなくても働きアリを生産するだけの体力を女王は持ってると思いますが、より確実にコロニー化して貰う為に、気持ちとていは『お守り』のような感じで時々エサを与えています。

アリだかって水を飲むアリ、こんな光景を見ているとやはり水も大切なんだと強く感じます。
アリを飼う上での必須事項であることは間違いありません。

コメント
この記事へのコメント
僕も女王にエサやり派です。
見向きもしない女王がタマにいて、放置されたエサがカビるのが悩みの種ですが。
2010/07/18(日) 09:24 | URL | modoki #aIcUnOeo[ 編集]
そうですね。でもきっとそれは今は食べたくない、ということかも。見てない間にちょろっとは舐めてると思います。
やはり腐敗やカビが嫌なので、私は2,3日しないうちには取り除いてしまってます。
2010/07/20(火) 18:38 | URL | YASU #-[ 編集]
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2013/12/09(月) 05:51 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。