FC2ブログ
小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒いつぶつぶ・・・そう、オスアリです。

去年に引き続きまして、このコロニーでは今年もオスアリを生産しています。

しかも去年に比べてかなり大量です。
コロニー規模に見合った数、というところでしょうか。

去年に引き続き、ということで気付いたことがあります。

年を越して成長してきた越冬幼虫がオスアリになっています。
しかも越冬幼虫のほぼ9割、いえそれ以上の割合がオスアリになりそうです。

もちろん、越冬幼虫からはわずかですが働きアリも生産されています。
IMGP5893.jpg

オスアリの方が成長に時間を要するようです。
今日の時点ではオスアリはまだ蛹で、やっと色付いてきた個体が出てきたくらい。

一方、越冬幼虫からの働きアリは5月末くらいにはほぼ全てが羽化し終わりました。

今年産卵組はまだ幼虫の段階。エサの関係でうっすらとピンクになってるのが今年組です。
IMGP6019.jpg

そのうち今年産卵組の幼虫が蛹になりはじめると思いますが、今度は働きアリとオスアリのどちらが生産されてくるのかがとても気になっています。

少し話が戻りますが、今年始め、越冬中にキイシリQ0コロニーで有翅雌の生産か?と思われる幼虫が出現しました。
後に冷蔵庫に放り込んだら全て死んでしまいましたが・・・汗


ということは、もしかして・・・

キイロシリアゲアリの有翅雌とオスアリは、年をまたいで成長してきた越冬幼虫から生産されるのかも知れません。
そして羽化のタイミングは6月から7月頃の初夏にかけて。
なんとなく、つじつまが合います。


ただ、去年は飛行の時期を待たずしてオスアリは全て食べられてしまったんですよね。
コロニー規模が大きくなれば、オスアリは安定して維持されるのでしょうか?

ふぅむ・・・今年はどうなるか・・・


余談ですが、オスアリを積極的に生産してるせいかどうか、このコロニーではエサの食いがものすごくいいです。
時間こそかかりますが、与えたミルワームが3日ほどすると殻すら残りません。
食べたものは一体何処に消えていくのか、全く持って不思議です。

生殖虫を生産するとなると、もの凄いエネルギーがいるのかも知れません。


コメント
この記事へのコメント
面白いですね。
今後も注目してます。
2010/06/13(日) 19:55 | URL | スラダケ #qmlWd.C.[ 編集]
スラダケさん、コメントありがとうございました。
昨日オスアリが羽化し始めました。
一ヶ所に団子状に密集してたたずんでいます。
2010/06/15(火) 18:07 | URL | YASU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。