FC2ブログ
小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
   IMGP5504.jpg

爆殖前夜状態のトビイロケアリ。
越冬幼虫は次々と繭に、卵塊は日に日に大きくなっていってます。
また、幼虫の数はどんどん減っていってます。残すところあと30個体ほどでしょうか。
きっと、繭からの羽化が始まる頃に卵からの孵化が始まると見ています。

ちょうど卵塊がバラけて置かれたところに女王が来てくれました。
これが今ある卵塊の全てです。

トビケの女王は臆病ですね。
ちょっとフタを開けるときにガタつかせたりすると、女王アリだけが一目散に巣室内を逃げ惑います。
働きアリは動じないんですけどね。

ところで、昨年生まれた初期ワーカーは体格がとても小ぶりです。
それに比べて今年生まれるであろう働きアリはググッと大きくなりそうです。
繭との大きさ比較で、すでにその体格差が歴然としています。
 まさかオスアリが出てくることはないと思いますが・・・

全ての繭が大きい訳ではないんですが、大きさのばらつき具合がだいぶ大きいよりになっているのが見て取れます。

これはもしかして、エサのおかげ?
今年与えている肉エサ、実はひと工夫を加えています。

コメント
この記事へのコメント
初めまして
見やすくて、読みやすくて、とても参考になります。
これからもときどきおじゃまさせて頂きます。よろしくお願いします。
ぼくも去年からトビケ飼っているんですが、Q3から結局Q1で落ち着いています。よく増えるので見ていて楽しいアリですよね。
2010/04/26(月) 20:59 | URL | mon #2vmjNFsM[ 編集]
こちらこそ、初めまして。
不定期ではありますが、徒然と気付いたことを書き綴っております。
主に自分のための覚書メモのようなブログですが、今後ともどうかよろしくお願い致します。

トビケは活動的で見ていてとても楽しいですね。
2年目で一気に拡大するのでこれから夏に掛けてはさらにおもしろいことになりそうです。
せっかくなのでmonさんも寄生種に挑戦されてみてはいかがでしょうか。

monさんはとても器用な方なんですね。
色々な工夫はとても参考になりますし、頭が下がる思いです。
2010/04/28(水) 02:18 | URL | YASU #-[ 編集]
ありがとうございます。
寄生種といえば唯一トゲアリを飼っています。去年秋のものですが、あと一歩・・ドキドキです~。
2010/04/28(水) 23:00 | URL | mon #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。