FC2ブログ
小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結論から言います。

失敗です。

昨年、多雌が崩壊してしまったキイロシリアゲアリ。
越冬管理(4℃)の状態で昨年捕獲した新女王3匹を導入しました。

IMGP5122.jpg

越冬状態では馴染んでるように見えました。攻撃は見られなかった。
今月、越冬管理から室温管理に戻して1週間後、見事に3匹ともバラされてしまいました。

女王は抵抗した様子はなく、働きアリに一方的に攻撃されてたように見えました。
その様は昨年観察された多雌崩壊と同じでした。

女王がいなくなってから半年以上が経過し、いわゆるコロニー認識が甘くなってると思ってたんですが見事に予想と反してしまいました。
女王の存在がコロニー識別に重要な意味を果たしてると思ってたんですけどね。
どうやらそうでもないらしい。

あるいは、一度多雌創設に失敗したコロニーだから、でしょうか?

いや、それ以前に「やり方」がまずかったのかも知れない。

いずれにしても安易でした。うーん・・・


体表面の炭化水素比、がコロニー識別の役をなしてるそうですが、私はそれがきっちり厳密なものではないと思ってます。
そしてさらに、種によって識別が多少甘いものから厳密なものまで幅がある、とも感じています。

でも、その曖昧さの範疇が私にはまだ掴めない。

どれくらいが許容なんだろう?
何か条件が揃えば許容できる範囲は広がるんだろうか?
究極的に、コロニー識別をリセットする、あるいはまっさらにすることは出来るんだろうか?

先達のアリ飼いの方々の報告をみると、働きアリを足してコロニー拡大をはかったり、はたまた女王のいるコロニー同士を合体させた報告があるが、たまたまという要素が多分にあるようにも感じますし、非常に難しい技術であることはうかがい知れます。

私にはまだ敷居が高かった。

キイシリは多雌創設だから認識が甘くなってるだろう、は甘かった。
一度コロニーとして立ち上がったら意外とシビアなのかもしれない。


コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。