FC2ブログ
小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


もう一つのムネアカオオアリ。
伊那の観察会で竹割りから出しました。

初期コロニーかと思いきや、既に働きアリがいたことから2年目のコロニーだろう、との見立てです。

採集時は、女王1、働きアリ2、卵10、という若干心もとない構成でしたが、卵が順調に育ってくれて、現在は働きアリが8匹になりました。


ところで、ムネアカの女王はかなり大きな個体差があるのでしょうか。
昨日紹介したムネアカ女王と比べると、どうしても同じ種類とは思えないんです。

色合い、フォルム、顔、艶・・・

こちらのムネアカ女王は 『いかにもムネアカらしい』個体です。
でも昨日紹介した個体はどちらかというとカラフトクロオオアリに近い印象、というんでしょうか、黒くて一回り小さくてフォルムがややずんぐり。
抽象的な表現で申し訳ないのですが、でも比べると違いは明らかです。

もし言葉が通じるなら、『君たちホントにおんなじ種類?』 と、問い正したい気分です。

うーん・・・

今私はクロオオアリの新女王を4個体飼ってるんですが、クロオオ女王4個体を見比べてもこんな印象は受けないんですよね。

けどムネアカは・・・

『おんなじだよ』で済ますにはいささか納得しきれないというか、なんとなーく突っかかるものを感じてしまいます。


カウント
9/10  卵20 幼虫8 繭4 W8
コメント
この記事へのコメント
私もムネアカオオアリ女王の個体差はあるかなと思っています。
やはり雰囲気ですが、私の飼育している個体では『平野部産』と『山地産』でどことなく雰囲気が違います。ちなみにカラフトクロオオアリか黒化ムネアカオオアリかまだはっきりしていない黒い女王を1匹飼育していますが、こちらと『山地産』の体型は似ているように感じました。
2009/09/11(金) 04:33 | URL | YOSHIKI KAWANO #-[ 編集]
地域差
平野部と山地部、言われると確かにその通りで、このブログの個体(竹割り)は平野部で、もう一方の黒化気味の一回り小さい個体は山地で採取したものです。
リンクにある土生さんのブログにも、亜高山帯のムネアカは黒化傾向にある、とありました。
単なる個体差、ではなく、地域ごとの個体差、かも知れませんね。

おそらく、と前置きを入れさせて頂きますが、同種でも生息している土地土地の環境に適応した『地域適応群』のようなものがあるのかも知れません。
環境=標高の違いはそのまま気候の違いになり、
 ↓結婚飛行のタイミングがずれる
 ↓地域をまたいだ交配が起こりにくい
 ↓世代を重ねるうちに地域差(適応群)が生じてくる
などと私は考えたりしています。

ムネアカのように違いが形にまで表れてくることは稀だと思いますが、他の種でも私達がまだ違いを見出せてないだけでこういう地域差があるアリは結構いるのかも知れませんね。
例えば「沿岸部と内陸部」とか・・・
そういえば浜離宮観察会で 「ここのトビシワは潮焼けしてる」、なんておもしろいことを仰ってた方がいらっしゃいましたが・・・果たして果たして?
なまじ笑い話ではなかったのかも知れません。滝汗
ちゃんと調べたらかなりおもしろい結果がわかるかも知れませんね。^^
2009/09/11(金) 22:50 | URL | YASU #-[ 編集]
飛行時期の違いによる地域間での交配への影響・・・
う~ん、確かに!鋭い考察ですね、思わずうなってしまいました。
標高の違いで飛行時期が大きくずれるのは観察したりして知っていましたが、それを知っただけで満足して喜んでました・・・。

そう言えば以前に筑波山で採集したアメイロアリのコロニーではワーカーが全て焦げ茶色のような色をしていて、通常のアメイロアリとはかなり差がありました。もしかしたらそういう地域差なのかもしれませんね。
2009/09/12(土) 01:34 | URL | YOSHIKI KAWANO #-[ 編集]
ほほう・・・
なんと、アメイロアリでも地域性が見られるんですね。
これは益々興味が沸いてきてしまいました。笑
例えば私の飼育している沿岸部産のクロオオ、果たして山地(高地)産と違いがあるんでしょうか?
興味は尽きませんね。^^

それと、事後で申し訳ありません。KAWANOさんのHPをリンクに追加させて頂きましたがよろしかったでしょうか。
もし問題があるようでしたら遠慮なくお申し付け下さい。
2009/09/15(火) 01:13 | URL | YASU #-[ 編集]
おもしろいですね。
長い目で見ればそういった地域適応群の延長が種の分化になっているのかもしれないですね。
もしかしたら100年後くらいには『ムネアカオオアリ』と『ヤマムネアカオオアリ』に種が分かれているかもしれませんね。

リンクの件、大丈夫です。どうもありがとうございます。
こちらからもリンク張らせていただいていいでしょうか?
2009/09/15(火) 02:31 | URL | YOSHIKI KAWANO #-[ 編集]
まさにその通りですね。
山地産と平地産のムネアカ同士は交配が出来るのかどうか、はたまたどっちとも区別がつかない雑種のような個体がいるのかどうか・・・
興味は深まるばかりです。^^;;;

リンクの件、もちろんOKですよ。
あらためましてよろしくお願いします。
2009/09/15(火) 23:57 | URL | YASU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。