FC2ブログ
小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今年4月に飛行の初期コロニー、肉餌は働きアリが生まれてからまだ2,3度しか与えていない。
それも蚊と小さなカゲロウだけ。

確かにこれではタンパク不足?働きアリもぼちぼち増えてきたし、いっかな?^^

某掲示板ではコンビーフを与えてましたが、買わないと無いのでこれは見送り。
様子見ということもあるし、まずは基本メニューのミルワームを一節与えてみました。

おどろいた・・・

がっついている。

ミルワームの輪切りにがっつく女王と働きアリ。
4764.jpg

この光景を見て、あぁやっぱりタンパク不足だったんだ、と反省しきり・・・

そして幼虫への与え方。これも驚いた。
アシナガ系とまったく同じ。
幼虫が首を突っ込んで食いついている!
4767.jpg  ←不鮮明ですみません。フタ2枚越しで撮ったらぼやけてしまった。。。


ふぅむ・・・

確かに野外では種だけじゃなく虫の死骸も運んでることはあるようだし、クロナガは種が主食ではあってもそれだけじゃマズイのかも知れませんね。
人でいうところの副菜といったところでしょうか?

実際、ミルワームを与えて3,4日したら卵が増えてきました。
ちょっとは与えた方がよさそうです。
コメント
この記事へのコメント
 クロナガは昆虫なども好んで食べます。が、自然状態では4~5月、9~11月しか昆虫類は入手できません。また観察下では、ほとんど運び込みません。よってあまり食べなくても大丈夫ということです。
 産卵数は増えるようです。動物性タンパク質を多量に与えたコロニーと与えないコロニーを作って比較すると面白いでしょう。
2009/09/21(月) 08:14 | URL | つくば・あべ #QMnOeBKU[ 編集]
実はあのコンビーフに群がる写真を見てしまったもので・・・
不安にかられてました。汗
そうですか。あまりに食べなくても大丈夫、ということがわかって少し安心しました。

比較ですね。来年の、宿題にさせて下さい。^^;;;
2009/09/30(水) 00:35 | URL | YASU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。