FC2ブログ
小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
なんと・・・最後に残った女王がワーカーによって殺されてしまいました。
もうこのコロニーに女王はいません。
働きアリによって、全ての女王が排除されてしまいました。

一体どういうことか・・・わかりません。

女王の淘汰は全て働きアリによって行われました。
女王の突然死によるコロニー崩壊は別として、働きアリによってコロニーを崩壊へと導く行動が起こるとは思っても見ませんでした。
もちろん、飼育下という条件が何がしかの影響を与えて、コロニー崩壊を導いてしまったのかも知れませんが・・・

でもしかしです。『増える』という自然の摂理に反するような出来事が、どうも解せません。


発展したキイロシリアゲアリのコロニーは単雌が多いそうです。
もし多雌創設からの発展が成り立つとするなら、そのプロセスはかなり危ういバランスの上に成り立っているのかも知れません。

バランスなのか、拮抗なのか、原因はわかりませんが、このコロニーを維持していた何かが崩れてしまったことは間違いありません。
と、いうのも・・・

小さいが故にはじめはグルーミングかと思ってたんですが、よく見てみると・・・

↓一見普通に見えます。
4553.jpg

↓がしかし、拡大してよく見てみると、そこここで1匹の働きアリを複数の働きアリが襲っています。
4552.jpg   4555.jpg

もう死んでしまったいずれかの女王の働きアリが、別な女王の働きアリを襲っているのでしょうか?

ですが、この行動がまた不思議なんです。
一気ではなく、コロニー内でジワジワと起こっているんです。

いずれにしても、このコロニーは、わからないだらけのまま衰退することが確定してしまいました。
残念です・・・
コメント
この記事へのコメント
こんばんは。

最後に残った女王まで殺されてしまうとは。
残ったワーカー同士でも・・・。

何か殺されない為のメカニズムが有って、それが上手く機能しなくなったと考えれば良いのか?
それにしても想像を超えた結末にビックリです。
2009/07/31(金) 00:04 | URL | release-windknot #2x.LPFvg[ 編集]
それこそ、伊那に行く前まではジャカスカ産卵もしていて順調そのものだったのに・・・
本当にアリ飼育は何があるかわかりません。笑
2009/08/01(土) 03:23 | URL | YASU #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。