小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
当たり前といえば当たり前なんですが・・・

アメイロケアリ寄生のために繭取りをしているトビイロケアリ。
繭取りで結構な数の働きアリも付いてきてしまう。
この働きアリも導入に使うんですが、ことしは寄生種女王との相性が悪く全て導入、という訳にはいかない。

結果、残った働きアリは丸一日そのままプラケース内に放置することになるんですが・・・

夜、保湿用に水を含ませたティッシュを入れたとたん、全ての働きアリが集まって水を飲んでいる。

IMGP6283.jpg


よっぽど喉が渇いていたらしい。
舐める程度かと思って見ていると、みるみるお腹が大きくなりパンパンに。

観察していると、うちで飼育しているほとんどのアリは水を飲む。
特にアメイロケアリ、トビイロケアリ、クロオオアリ、キイロシリアゲアリではよく飲みます。

また、種類問わず捕獲した新女王は必ずと言っていいほど水を飲みます。

話は少しそれますが、私は育児中の新女王にエサを与える派です。
というのも、土を染みとおってきた雨水は薄いながらも必要な養分が含まれているはずで、育児中の新女王の貴重な栄養源になってると思ってるからです。

もちろん、エサを与えなくても働きアリを生産するだけの体力を女王は持ってると思いますが、より確実にコロニー化して貰う為に、気持ちとていは『お守り』のような感じで時々エサを与えています。

アリだかって水を飲むアリ、こんな光景を見ているとやはり水も大切なんだと強く感じます。
アリを飼う上での必須事項であることは間違いありません。

スポンサーサイト


冷蔵庫から出した直後のクロオオアリ。
女王倒れてますが死んでません。ケースを動かした拍子に倒れてしまったようです。

先日、亜高山帯の気候に順応したムネアカオオアリの活動期間を調整する試みで、わざと遅くまで冷蔵庫で越冬させてました。

今度はクロオオアリ。
こちらは活動期間をカウントダウンしてるかどうかの検証です。

昨年採取した新女王4個体。それぞれが無事にコロニーを立ち上げ越冬に入りました。
その後、冷蔵庫に放り込んだんですが、うち2コロニー(クロオオAとクロオオC)だけはムネアカと同じく5月まで冷蔵庫で寝かせ続けました。

起こしたタイミングはムネアカと同じで5/10。その後の世話もムネアカや他のアリ達と同じです。


これで越冬モードに入るタイミングがずれてくれたら、とてもおもしろいんですけどね。
飼い主としてはそれを期待してのことなんですが・・・

一方、もしかしたら温度依存的にみんな同じタイミングで越冬モードに入ってしまうかも知れません。
それはそれで十分ありうる・・・

はたまた、みんなバラバラ、差がよくわからずに越冬モード、なんてことも・・・
それぐらいの振れ幅はあるかも??

いずれにしても、4つもコロニーがあるんだから、せっかくだから試してみようと思いました。
どんな結果になるか今から楽しみです。


覚書

5/10 冷蔵庫から出しました。このときの室温は22℃。いきなり4℃から22℃の気温差だったがダメージ無し。

5/11 最初の蜜エサ。以後、通常通りのエサやり。

 /17 全ての越冬幼虫の色が変わり発育モード。

 /22 2コロニーともに産卵確認
 /23 クロオオA 卵18個   室温23℃
      クロオオC 卵10個

 /30 クロオオAで繭出来始める  繭1

今日(6/5)の時点でクロオオCではまだ繭は出来ていない。


IMGP5741.jpg   

春になってもしばらく冷蔵庫で眠って貰っていたムネアカオオアリ2コロニー(亜高山帯採取と低地竹割採取)を起こしました。

以前にも書きましたが、高地環境に順応しているであろうムネアカオオアリの活動期間を調整しようという試みです。

特に女王アリは長期間の暑さをしのげないのではなかろうか?

昨年の経験(失敗)から推察された活動期間はおよそ4ヶ月。
4ヶ月目に秋を迎えられる様に起こました。

なんとなくですが、クロオオアリやムネアカオオアリは越冬から目覚めた時から活動期間をカウントダウンしているような気がしてます。

ムネアカが刻む一年間のリズム。これを何とか平地の気候に一致させられればと思っています。

果たしてどういう結果となりますでしょうか。


覚書

5/10に冷蔵庫から出しました。

このときの室温は22℃。
いきなり4℃から22℃で気温差によるダメージをかなり危惧しましたが、今のところいたって元気です。

5/11 もうすっかり目覚めた様で働きアリは採餌行動。通常通りのエサやりを始めました。
 /14 女王のお腹がボンレスに。

 /17 全ての越冬幼虫の色が変わり、完全に発育モード。

 /20 亜高山帯採取のムネアカで産卵開始    卵3個  室温22℃
 /21 低地(竹割)採取のムネアカでも産卵開始 卵4個

 /25 亜高山帯採取のムネアカで繭出来始める    繭1  室温24℃
 /29 低地(竹割)採取のムネアカでも繭でき始める 繭1  室温23℃

IMGP5874.jpg  ←亜高山帯採取のムネアカの繭

ん?かなり成長が早い?

今日までの気温幅をみていると最低22℃、最高で24℃。
外の気温の変動に比べて割りと室温は落ち着いている。

もしかしてこの温度帯が至適温度なのかもしれません。


3/10にアリ達を越冬管理から室温管理にうつしました。
室温なので常にだいたい18℃から20℃くらいです。

そして2、3日前、アリ達の活性が明らかに上がってきたので蜜エサとミルワームを与えました。タンパク食は越冬後初めてです。

食いは上々。
今日にはもう殻しか残ってません。完食です。

産卵は来週くらいでしょうか。
楽しみです。


うちのアリ達は今年は玄関先で越冬をしてもらってました。
もちろんそのまま玄関先でもよかったんですが、ちょっと思うことがあって2/20から冷蔵庫に入ってもらってました。

その冷蔵庫の中というのが・・・

低温は当たり前として、かなり過酷な乾燥環境のようです。
これだけ乾いてるとは思っても見ませんでした。

IMGP5250.jpg
うちのアリ達はいま玄関先で越冬しています。気温はだいたい10℃くらい。
ただ部屋の暖房や外の陽気の影響も受けているので、低いときは5℃、高いときは15℃くらいまで上がっていて、かなり変動幅が生じています。
越冬環境としてはあまり望ましくないということはわかってはいるんですが、まぁ置き場所の制限ですから仕方ありません。
・・・大丈夫でしょう。

がしかし、伊那で採集したムネアカオオアリ、この亜高山帯生まれの2コロニーだけは今日から別管理にします。
あえて冷蔵庫に放り込みました。
しばらく4℃環境に居て貰うことにしました。

これから春に向かおうとするこの時期、私はあえて逆のことをしようと考えています。
冷蔵庫に入れて春を感じさせるのを少し先(4月終わりか5月まで)にずらします。

もちろん、思うところありありです。去年の反省です・・・
昨年飼育していた亜高山帯生まれの2年目ムネアカとクロオオ、去年秋10月頃に相次いで女王だけが死んでしまいました。
このコロニー、いずれも7月始めには早々と越冬モードに移行したのが見て取れました。
がしかし、ここは平地。
その後続いた例年通りの長い残暑(8月~10月)に、女王だけが耐えられなかったのか逝ってしまいました。
もちろんエアコンを効かせて30℃を越えることがないように管理をしてたんですが・・・
8月からずっと女王のお腹はペッちゃんこ。もちろん産卵は止まってました。

越冬モードに入った女王は長期間の暑さをしのげない、なんとなくそんな気がしました。

昨年は3月から活動を始めて、越冬モードに入ったと見て取れたのが7月初旬。
期間でいうとだいたい4ヶ月。
この期間って、ひょっとして亜高山帯の春から夏にかけての期間ではないでしょうか。

そういえば、前に私はアリは経年変化を感じてるんでは?と記述したことがありました。
冬ギリギリまで産卵し続けたうちのフタフシ系やケアリ属は別(温度依存型?)として、少なくともオオアリ属は活動期間を春からカウントしているのかも知れません。


もしうちに恒温機があったなら、越冬モードになってしまったコロニーは早々に低温管理(15℃くらいかなぁ?)に移してしまえば、もしかしたら大丈夫なのかも知れません。
ですが、残念ながらうちには恒温機がありません。

ということで、今年私は越冬からの目覚めを遅らせることで夏をしのごうと考えています。
はたしてうまくいくかどうか・・・


↓ムネアカオオアリ2009亜高山帯    ↓ムネアカオオアリ2009竹割
       IMGP5244.jpg

結露でグショグショですが、越冬はこれくらいでも全然問題ないことは去年の経験からわかっています。
他のアリ飼いの皆さんの記事や投稿をみてみても、これくらいでいいようですね。

4689.jpg

出先からバッタの幼生をたくさん採ってきました。
たぶん、オンブバッタ。あと、トノサマバッタも少々混じってますね。

バッタの幼生はうちのアリ達には大好評です。がっつき方が全然違います。
小さいものは初期コロニーにも最適です。

そして、捕まえるとわかりますが、見た目と違って体は全体的にやわらかく(後ろ脚もやわらかいです)、食べ残しもほんの少ししか出ません。
ゴミが少ないというのは飼い主にとってはうれしい限り。

獲れたて新鮮なバッタはその日のうちにアリ達に与え、残りは小さいジップロックに小分けにして冷凍保存しました。
実は、一度冷凍してしまうとアリ達の「ガッツキ度」が落ちてしまいます。
それでも、解凍したものでもちゃんと食べてくれるので、エサとしては十分優秀です。
このあたりが 『アリはグルメ』 と言われる所以でしょうか。

ホントはその都度、粋のいいバッタを採ってきて与えられたらいいんですけどね。
社会人してると時間的制約でなかなかそうもいかないのがツライところです。^^;
あやうく自分の部屋にアリを放牧するところでした。笑

震度6弱

いやぁ~びっくりした。ついに来たか!?と思いました。怖かったぁ・・・

ということで、アリ飼いの皆様へ。
例え気休めでもやらないよりはマシ、ということでアリの地震対策もしておきましょうね。^^;


気休めがもしかしたら "効いてたかも!?" という実例です。

↓私はアリをこんな感じで平面置きしてますが・・・
4716.jpg

↓すべり止めシート。これのおかげで転落を免れてたかも知れません。
4718.jpg

というのも、地震で下の棚ごとまんま手前に10cmほどズレてました。汗

冷蔵庫の中や食器棚からはかなり物が落ちたので、効果アリと見てます。

あぶなかった。^^;

とはいえ、来たるべき本番(?)を考えると、やっぱりこれでは心許ない。
対策を考えないと。汗



春の活動期に備えて新しい飼育ケースを作りました。

実は飼育しているコロニーのうち半分くらいは飼育ケースがかなり汚れてしまっているのです。
このまま暖かくなったら飼育ケースは衛生的にかなりマズイ状況になりそうです。

本当はもっと早くに準備するべきでしたが、ついつい先延ばし。
慌てて作ったというのが本当のところです。

プラケースはチューブがきつめに通るくらいの穴をあけて、絵の具で青くした石膏を敷きました。

チューブがさしてある2連ケースには2年目に入ったクロオオアリとムネアカオオアリに入ってもらうつもりです。
ちょっと観察から離れまして、昨年の新女王や餌の採集では大変お世話になったケース達の紹介です。
冬のこの時期に紹介するのもなんですが、思いついたので忘れないうちに紹介しておきます。

ポイントは、 『開け閉め簡単、コンパクト。』

これにつきます。
さらに片手で開け閉めが出来るのも大事です。

新女王を見かけた瞬間に人目を盗んでササッと採集しやすいもの。
そう、大人がアリを捕まえるというのは、かなり人目が気になります。汗

とにかくなるたけ手早く出来ること。
ということで、身のまわりにあって容易に入手できるものとして私はコレを使ってました。

サプリケース ← サプリケース(100円ショップで購入)
以前に寄生種のところで紹介しました。
仕切りがあるので女王同士ケンカするアメイロケの採集では大変役に立ちました。
仕切りに穴を開けて初期コロニーの飼育にも使いました。
ただし、トビシワくらいの大きさのワーカーはフタの隙間から逃げ出します。

ブレ○ケアケース ← ブレスケ○のケース(乾燥剤を除いて洗ったもの)
比較的大きい女王にも対応できる。
餌のバッタ取りにも重宝しました。

手の○たま ← 手○りたまのケース
クロオオアリのような大きい女王にも対応できる。
口の形状から脱走されにくい。
欠点は中が見えない。

私はコロニー採集をあまりしませんので、これらで十分に役をなしてくれました。
今年もまたこれらを鞄に忍ばせて狙った新女王の採集をしていこうと思います。

ただし、コロニーを増やしすぎないことを肝に銘じながら・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。