小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


黒いつぶつぶ・・・そう、オスアリです。

去年に引き続きまして、このコロニーでは今年もオスアリを生産しています。

しかも去年に比べてかなり大量です。
コロニー規模に見合った数、というところでしょうか。

去年に引き続き、ということで気付いたことがあります。

年を越して成長してきた越冬幼虫がオスアリになっています。
しかも越冬幼虫のほぼ9割、いえそれ以上の割合がオスアリになりそうです。

もちろん、越冬幼虫からはわずかですが働きアリも生産されています。
IMGP5893.jpg

オスアリの方が成長に時間を要するようです。
今日の時点ではオスアリはまだ蛹で、やっと色付いてきた個体が出てきたくらい。

一方、越冬幼虫からの働きアリは5月末くらいにはほぼ全てが羽化し終わりました。

今年産卵組はまだ幼虫の段階。エサの関係でうっすらとピンクになってるのが今年組です。
IMGP6019.jpg

そのうち今年産卵組の幼虫が蛹になりはじめると思いますが、今度は働きアリとオスアリのどちらが生産されてくるのかがとても気になっています。

少し話が戻りますが、今年始め、越冬中にキイシリQ0コロニーで有翅雌の生産か?と思われる幼虫が出現しました。
後に冷蔵庫に放り込んだら全て死んでしまいましたが・・・汗


ということは、もしかして・・・

キイロシリアゲアリの有翅雌とオスアリは、年をまたいで成長してきた越冬幼虫から生産されるのかも知れません。
そして羽化のタイミングは6月から7月頃の初夏にかけて。
なんとなく、つじつまが合います。


ただ、去年は飛行の時期を待たずしてオスアリは全て食べられてしまったんですよね。
コロニー規模が大きくなれば、オスアリは安定して維持されるのでしょうか?

ふぅむ・・・今年はどうなるか・・・


余談ですが、オスアリを積極的に生産してるせいかどうか、このコロニーではエサの食いがものすごくいいです。
時間こそかかりますが、与えたミルワームが3日ほどすると殻すら残りません。
食べたものは一体何処に消えていくのか、全く持って不思議です。

生殖虫を生産するとなると、もの凄いエネルギーがいるのかも知れません。


スポンサーサイト
   IMGP5191.jpg

一つ前の記事(12/27)との比較です。

別なコロニー、採取時からQ3で安定しているキイロシリアゲアリの方ですが、こちらは12月に入ってからオスアリの蛹が3つほど確認できました。
今日の観察では目が黒くなってきていて、少しずつ羽化に近づいていってるようです。

写真の通り、他の幼虫は全て同じ大きさ、越冬状態になっていてこれ以上の成長(変化)は見られません。

数からしてこのオスアリの生産は偶発的で、いずれ春を待たずに消費されてしまうだろうと思っています。


このコロニー、今年5月頃にもオスアリを生産しているんですよね。
そのせいかどうか、今年はあまり増えず微増といったところでした。

未交尾のメスが混じっているんだろうか・・・


カウント
Q3 オスアリ(蛹)3 働きアリ380 幼虫300くらい
今週の始め、飼育ケースの中を雄アリ達があわただしく動き回ってました。
なんだろうと思ってよく見てみると・・・

なんと!
働きアリが雄アリ達を襲っているではありませんか!

逃げ惑う雄アリたち。また、すでに働きアリに捕捉されてかじられているものもいて…

翌日にはほとんど、そしてその晩はなんとか逃げ延びてた雄アリ達も、今日までには全ていなくなってしまいました。


正確には、みな消費されて(食べられて)しまいました。

ゴミ捨て場には累々と翅だけが積み上がりました。


また不可解なことが起こりました。
誕生からひと月以上も維持されていながら、なぜまたこのタイミングで消費されてしまったんでしょうか。
多雌(Q3)が関係してるんでしょうか・・・?

うーん、わかりません。


もう一つ素朴な疑問。
逃げ惑ってた雄アリたち、走り回ってばかりで誰一人として飛んで逃げようとはしませんでした。

せっかく翅があるんだから飛んで逃げればいいのに・・・
そんな飼い主の思いは届くわけもなく、見てるそばから雄アリたちは次々と捕捉されていきました。
0207.jpg

一時期、羽化したそばから消費されてしまっていたオスアリ達ですが、ココ最近は順調(?)に増えてきています。

そしてなぜか巣の外、ケースのフタの上にたむろするようになりました。
いつもフタの上でかたまってジッとしています・・・

このオスアリたち、どうも完全にコロニーから追い出されたわけではなさそうです。
いつも数匹の働きアリに囲まれていて、決して手厚いとは言い難いレベルですが世話を受けています。
0055.jpg

蛹です。なんだかやけに黒い点々(目)が目立つなぁ、と思ってたら・・・
そして蛹が色づくにつれて目立ってきた翅・・・

翅!?

そうです。なぜかオスアリが生産されています。

0067.jpg

このコロニーは働きアリがそんなにまだ多くはありません。ざっと数えても150匹ほど。
本来なら、もっと働きアリを生産しなければならないはずなのに、蛹の半分以上がオスアリです。

・・・わかりません。

そして誕生したオスアリですが、どの個体も数日中にはいなくなります。
全て働きアリによって食されてしまっています。
生まれたそばからコロニーに還元されているのをみると、しかるべきタイミングで生産されたものではなさそうですが、なぜこのコロニーだけ?という疑問が・・・

うぅーん・・・


越冬幼虫が育ってやっと働きアリが誕生しました。

成長に時間掛かり過ぎ!?

今年産んだ卵も卵塊はありますが孵化してるのかどうか・・・
二齢か三齢くらいの小さな幼虫はちらほらとはありますが、産んだ卵の数から比べたら圧倒的に少ない。
この初期幼虫の数が少ないという現象はもう一つのQ6→Q2コロニーでも見受けられます。
大丈夫かな・・・?


キイロシリアゲアリQ3コロニーで産卵が確認出来ました。

卵は7つ。
写真右上にも一つ卵をくわえている働きアリがいます。

よーく目をこらして見てみましたが、キイシリQ10のコロニーや他のコロニーの産卵はまだです。
私の飼育している中ではこれが今年初めての産卵確認となりました。

にしてもキイロシリアゲアリの卵は小さい。ホントに小さい。
肉眼だとうっかり見落としてしまいそうです・・・
3352.jpg
昨年12月6日に紹介したキイシリQ3コロニーですが、このところ気温が10℃前後で安定してきているせいでしょうか、ついに越冬モードに移行したようです。
とうとう幼虫だけになりました。

キイシリは越冬モードにならない(ものもいる)のか?

ひと月前抱いた疑問にある程度の答えを見出すことができました。


卵は恐らく食べられてしまったのでしょう。もうコロニーには見当たりません。

写真をみると、3齢と思われる越冬幼虫に混じり、ちらほらと終齢幼虫とおぼしき個体が見られますが、成長は止まっている様で蛹にはなっていません。


一方、もう一つのキイシリQ6コロニーではどうでしょうか。
もう一段階低いステージで成長を止めているものが大多数を占めています。
卵と蛹は一つもありません。
3373.jpg

キイシリ産卵中

キイシリQ3コロニーですが、この時期になってもまだ増えようとしているのでしょうか?
産卵してます・・・

幼虫も成長してるし少しずつですが蛹からワーカーも誕生しています。
もっと寒さが厳しくなれば、いずれは成長をやめて冬眠するのでしょうか?

去年、新女王だけの越冬では産卵はしてました。
ただ孵化しないで卵のまま越冬しました。

なんとなくですが、キイシリ女王はどうも寒さとかあんまり気にしないで産卵してるような印象を受けます。
キイシリ

昨年9月、夜の自動販売機で新女王を捕獲。
女王3匹で飼育を始める。

女王だけで越冬するかと思いきや、産卵。
冬にも関わらず年末に数匹のワーカーが誕生。
がしかし、春を待たずしてワーカーは全て他界。

その後、今に至ります。

そして昨年と違わず、晩秋のこの時期にも関わらず卵があります。
生まれたばかりでまだ色づきも薄い個体もちらほら。
キイシリは寒くなってもある程度の活動はするのかも。

活動といえば、キイシリは真夏も今も動く速さが同じなような・・・
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。