小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
結論から言います。

失敗です。

昨年、多雌が崩壊してしまったキイロシリアゲアリ。
越冬管理(4℃)の状態で昨年捕獲した新女王3匹を導入しました。

IMGP5122.jpg

越冬状態では馴染んでるように見えました。攻撃は見られなかった。
今月、越冬管理から室温管理に戻して1週間後、見事に3匹ともバラされてしまいました。

女王は抵抗した様子はなく、働きアリに一方的に攻撃されてたように見えました。
その様は昨年観察された多雌崩壊と同じでした。

女王がいなくなってから半年以上が経過し、いわゆるコロニー認識が甘くなってると思ってたんですが見事に予想と反してしまいました。
女王の存在がコロニー識別に重要な意味を果たしてると思ってたんですけどね。
どうやらそうでもないらしい。

あるいは、一度多雌創設に失敗したコロニーだから、でしょうか?

いや、それ以前に「やり方」がまずかったのかも知れない。

いずれにしても安易でした。うーん・・・


体表面の炭化水素比、がコロニー識別の役をなしてるそうですが、私はそれがきっちり厳密なものではないと思ってます。
そしてさらに、種によって識別が多少甘いものから厳密なものまで幅がある、とも感じています。

でも、その曖昧さの範疇が私にはまだ掴めない。

どれくらいが許容なんだろう?
何か条件が揃えば許容できる範囲は広がるんだろうか?
究極的に、コロニー識別をリセットする、あるいはまっさらにすることは出来るんだろうか?

先達のアリ飼いの方々の報告をみると、働きアリを足してコロニー拡大をはかったり、はたまた女王のいるコロニー同士を合体させた報告があるが、たまたまという要素が多分にあるようにも感じますし、非常に難しい技術であることはうかがい知れます。

私にはまだ敷居が高かった。

キイシリは多雌創設だから認識が甘くなってるだろう、は甘かった。
一度コロニーとして立ち上がったら意外とシビアなのかもしれない。


スポンサーサイト
多雌が崩壊して女王がいなくなってしまったキイロシリアゲアリ。
先日、働きアリが産卵した、と紹介しましたが、最近さらにおもしろいことが起こっていることに気がつきました。

写真右側のケース、明らかに扱いの違う幼虫が7個体いることに気がつきました。
IMGP5201.jpg

↓拡大してみてみると、


幼虫が働きアリを強く惹きつけてるのか、常に5匹以上の働きアリに取り囲まれていて明らかに特別扱い。
置き場所も他の越冬幼虫とは別部屋です。

↓さらに拡大してみると、、、
IMGP5188.jpg

はて?働きアリの幼虫ってこんなでっぷりとした感じだったっけ?

もしやこれは、有翅メス???

いやいや、有翅メスにしてはまだまだサイズが小さい。
このまま働きアリになる可能性だってまだ捨てきれないし、栄養タンクにされてるだけなのかも知れない。

↓ちなみにこちらがケース左側にある働きアリになるであろう越冬幼虫。数はこれで全てです。
IMGP5184.jpg

ただ冬のこの時期、この幼虫はもうこれ以上成長しないかも知れません。
とはいえ、この幼虫がいるせいかどうか、このコロニーは餌の食いがもの凄くいいです。
食欲いまだ衰えず・・・

春を迎えて果たしてどうなっていくのか、とても楽しみです。


カウント
Q0 働きアリ700くらい 幼虫40くらい


多雌が崩壊してからおよそ4ヶ月ちょいが経ちました。
少し考えがあって、女王がいなくなってからもコロニーを維持しています。

ふと今日コロニーを見てみたら、10個ほどの卵があることに気がつきました。
はて?働きアリが産んでいるのでしょうか。

いまこのコロニーには幼虫が30ほどしか残っていません。
夏にとてもたくさんあった幼虫や蛹の数を反映するほど働きアリの数は思ったほど増えませんでした。

コロニー全体としては安定しているんですけどね。
自然減か淘汰か、はわかりません・・・
なんと・・・最後に残った女王がワーカーによって殺されてしまいました。
もうこのコロニーに女王はいません。
働きアリによって、全ての女王が排除されてしまいました。

一体どういうことか・・・わかりません。

女王の淘汰は全て働きアリによって行われました。
女王の突然死によるコロニー崩壊は別として、働きアリによってコロニーを崩壊へと導く行動が起こるとは思っても見ませんでした。
もちろん、飼育下という条件が何がしかの影響を与えて、コロニー崩壊を導いてしまったのかも知れませんが・・・

でもしかしです。『増える』という自然の摂理に反するような出来事が、どうも解せません。


発展したキイロシリアゲアリのコロニーは単雌が多いそうです。
もし多雌創設からの発展が成り立つとするなら、そのプロセスはかなり危ういバランスの上に成り立っているのかも知れません。

バランスなのか、拮抗なのか、原因はわかりませんが、このコロニーを維持していた何かが崩れてしまったことは間違いありません。
と、いうのも・・・

小さいが故にはじめはグルーミングかと思ってたんですが、よく見てみると・・・

↓一見普通に見えます。
4553.jpg

↓がしかし、拡大してよく見てみると、そこここで1匹の働きアリを複数の働きアリが襲っています。
4552.jpg   4555.jpg

もう死んでしまったいずれかの女王の働きアリが、別な女王の働きアリを襲っているのでしょうか?

ですが、この行動がまた不思議なんです。
一気ではなく、コロニー内でジワジワと起こっているんです。

いずれにしても、このコロニーは、わからないだらけのまま衰退することが確定してしまいました。
残念です・・・
0262.jpg

ついに最後の淘汰が行われました。
結果、このコロニーは女王が1匹だけとなりました。

↓こちらが最後に残った女王。今からはこのコロニーの主です。
0271.jpg

↓どっちゃりある蛹と幼虫。今年生まれた働きアリはみな大型化しました。
0274.jpg

しかし、一体何を基準に最後の女王が選ばれたんでしょうか?
人間の眼からでは何もわかりません。

そして淘汰は全て働きアリによって行われました。
これも結果として何らかしらのことを示しているのかも知れませんが、わかりません・・・

多雌でコロニーを創設し、やがて単雌に。
これが多雌創設の一つのパターンなのかも知れません。

ちなみに、このタイミングでこのコロニーでもオスアリが1匹だけですが生まれてました。
0282.jpg

これも何かしら関係しているのでしょうか・・・?

うぅーん、わからないことだらけです。



一昨年、6個体から飼育を始めたキイロシリアゲアリですが、今年に入ってQ6からQ4、そしてQ3へと次々と女王アリが淘汰されています。

そして、さらにまた淘汰が行われました。

1匹淘汰され、Q3からQ2です。

このコロニーはいわゆる多雌創設だと思いますが、最終的にはどうなるのでしょうか。

いずれまた1個体が淘汰されるのでしょうか。
はたまた2個体とも淘汰されてコロニー崩壊へと進んでしまうのでしょうか。

越冬組の蛹に順々に色が入ってきました。羽化が近そうです。
羽化が淘汰のトリガーとなるのでしょうか?
要経過観察です。

↓残っているそれぞれの女王。

4254.jpg   4257.jpg

3993.jpg

前回、Q6からQ4へと女王が淘汰されたコロニーでさらに女王の淘汰が行われました。

1匹減って女王が3個体のコロニーになりました。

ケースを覗いた時にはもう女王の姿はなく、バラバラになった女王を働きアリが齧ってました。
前のときは産卵がきっかけで淘汰が行われた、との見解がありましたが、今回は??

このタイミングでコロニーに起こっている変化といえば、強いて言うならば越冬幼虫の蛹化がはじまったことくらいでしょうか。


キイロシリアゲアリQ6コロニーで突如女王アリの淘汰が行われました。

始めは手厚いグルーミングかと思いきや、働きアリの隙間から見えるのはバラバラになりかけた女王。
もう1匹は既にバラバラになっていました。

3709.jpg


このQ6コロニーでは4,5日前から産卵が確認できました。
産卵開始がトリガーとなったのでしょうか。

いきなり今日、しかも急に2匹の女王アリが働きアリによってバラされてしまいました。
いわゆる女王の突然死、ではないと思います。

結果、このコロニーは女王アリ4匹となりました。
今後さらに淘汰が進むのでしょうか。
あるいは、しばらくはQ4状態で維持されていくのでしょうか。

3714.jpg




Q6のキイロシリアゲアリですが、最近 「おやっ」 っと思うことがあります。

1匹だけ明らかに扱いの違う女王がいるのです。
ご覧のようにいつも必ず働きアリに取り囲まれています。
虫眼鏡でよーく見てみると、腹部を中心に手厚いグルーミングを受けているようです。

しかもこの女王、他の5匹の女王は幼虫の周りからほとんど動かないのに対して、コロニー内を実によく移動しています。

そして極たまにですが、まさにその名の如くこのように『尻上げ』状態でジッとしていることがあるのです。

3463.jpg

これは一体何を意味しているのでしょうか。
扱われ方からして、この女王がこのコロニーの主となったのでしょうか。

産卵はまだ始まっていません。
今後この女王と他の女王がどうなっていくのか、注意深く観察していきたいと思います。
キイシリ1

キイシリQ6コロニーの女王です。

よくみると女王のお腹の形がそれぞれ違ってます。
いかにもボンレスな個体からシュッとスリムな個体まで。

一度飢餓にさらして全ての女王のお腹がスリムになりましたが、その後の給餌でこんなバラつきが生じてます。

単に食いしん坊かどうかといった個体差に由来するものなのか、コロニーの役割分担としてそうなるべくしてなったのか・・・?

答えは来年の春になったらでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。