小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


3/30に卵が2個あるのを確認。

ただその後は産卵をしていないようで、今日みても卵はまだ増えていない。

変化は僅かですが少しずつ幼虫も成長し始めたのが見て取れます。

このコロニーは越冬に入ってから今日までロスなく来ています。
条件がいいんだろうか?

ハリブトシリアゲアリは野外の枝折りだともの凄い数が出てくるので、さぞや爆殖かと思いきや、立ち上げは拍子抜けするほどゆったりです。
うまく飼育していけたとして、働きアリがある程度の数に増えてきたら、それから一気に尻上がり的に増えてくるんだろうか。

今年、どんな増え方をしてくれるのか楽しみです。

スポンサーサイト


働きアリ4匹を生産して今年の活動は終了したようです。
幼虫はその後あまり成長せず。

このまま越冬に向かいそうです。

カウント
卵0 幼虫12 働きアリ4


やっと働きアリが誕生しました。

あと蛹が2個。

残りの小さな幼虫達は果たして成長するのでしょうか?
興味が持たれます。
9月13日に飛行したハリブトシリアゲアリ。
観察だけのつもりが、ついつい・・・1個体だけ捕まえて飼育しています。

9月19日には産卵を確認できました。

↓9月末頃の様子。卵は7,8個くらいでしょうか。
IMGP4854.jpg

このハリシリ女王は石膏を敷いたクリームケースで飼育しています。
そして2cm角くらいの湿らせた朽木も入れました。
朽木を入れると思いのほか湿度が安定するみたいで吸水の手間が減りました。

最近私は『木』に関わりのあるアリには朽木を必ず入れるようにしています。
新女王には小さい密閉容器とお守りのような朽木、この組み合わせは私の中ではセオリーとなりました。

↓今日(10/18)の様子。蛹が2つに全蛹が2つ。
IMGP4937.jpg

あともうちょっと。
なんとか寒くなる前に働きアリが誕生しそうです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。