小さな世界の奥深さに魅せられてしまった飼い主の備忘録。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
6/19のデカクサ女王と卵塊。卵塊はまだまだ大きくなり続けてます。


クサアリ亜属5種のどれにも属していない通称デカクサアリ、ホストはどうやらアメイロケアリのようです。

実は5/22採取のこのデカクサは今年2度目の挑戦です。
最初の採取は5/5。
この時はトビイロケアリのみで寄生を試みました。
うまく馴染んで栄養交換も見られ腹部も少しずつ大きくなってきてたものの、9日目で死んでしまいました。

やはり本来のホストでないとダメなのか・・・?
ならば!
と、2度目ではホストにアメイロケアリを採用することを決めました。

 ※この時点で飼い主の私はまだこのアリがクロクサアリだと思っています。

①うちには3年目になるアメイロケアリがいますが、今年は思ったほど増えてこず(不調という訳ではなく今年はゆっくり増えてきてます)潤沢に繭を頂くほどの余裕がまだありません。

②先のブログで検証した、ホストを全て排除したアメイロケアリのコロニーはその後トビイロケアリの繭を受け付けない、という事実。
万一アメイロケが不調に陥った場合、その後の繭導入が滞ってしまうのを避けたい。

③今までの経験から得た 『寄生はホストWが多ければ多いほど良い』 という経験則。
順調なトビケコロニーから繭をじゃかじゃか入れたい。

④最初に失敗した時のホストをそのまま流用したい。
事前に入れてあったアメイロケアリの繭もちょうど羽化しだしたタイミング。

以上から、2度目ではアメイロケアリとトビイロケアリの混成コロニーで寄生を試みようと思いました。
アメイロケアリの繭は様子を見ながら少しずつ拝借。コロニー全体の増勢はトビイロケアリの繭導入で拡大させてこうと考えました。

さらに混成コロニーにすることで、デカクサ女王に対してアメケとトビケで行動に差が見られたらすっごく面白いじゃないか。という期待も大いにありました。


結果はまさに期待通り。いえ、飼い主の期待以上でした。

ホスト側のはっきりとした行動差が観察できました。
一方のデカクサ女王、こちらもトビケではなくアメイロケのコロニーに潜り込むためのカラクリを持ち合わせているようにも感じました。


最近まで私はこの女王をクロクサアリだと思い込んで観察してきました。
クロクサの本来のホスト=アメイロケアリも混ぜたらうまくいって『やぁよしよし♪』と思っていました。

ところが・・・まさに結果オーライ。

スラダケさんの報告によると、野外でアメイロケの巣を掘ったらこのデカクサ女王が出てきたそうです。

うーん、まさにビンゴですね。

飼育下での観察はあくまでも飼育下でのこと。本来の様子とは異なってる可能性が拭えません。
ですので野外で観察された事実というのは一番重みがあると思います。


スポンサーサイト
5/22に採取した新女王。横浜市で採取です。
飛行の時期やシルエットから当初はクロクサアリと勝手に思ってました。

がしかし、どうやらクロクサアリではないようです。

データベースによるとクサアリ亜属は5種類。
でも、そのどれにも該当しない『別種』がいるとかいないとか・・・

※将来的にわかる人がみれば何だかわかるように、いつもよりも多く写真を載せました。

IMGP5813.jpg   IMGP5802.jpg   IMGP5807.jpg

IMGP5819.jpg   IMGP5810.jpg   IMGP5816.jpg   

IMGP5817.jpg   IMGP5808.jpg   IMGP5811.jpg


あにまりあさんやスラダケさんとのやり取りを通じて、またスラダケさんのHPをよーくじっくりと眺めてみて、今はこのアリが 『少なくともクロクサアリではない』 ということまでは結論付けています。

このアリにはクロクサアリの特徴がありません。

ビロード状の光沢・・・ありません。
胸部に立毛はあるんですが、体全体は黒く艶々・・・光沢があります。

データベースを見るとクサアリ亜属5種のうち神奈川県に生息が確認されているのは2種=クロクサアリとクサアリモドキです。
そしてこの2種は飛行の時期が違います。
当初はそれが理由でこのアリがクロクサアリだと思ってしまったんですが・・・

一方、クサアリモドキは既に飼育経験があるので見誤ることはありません。
黒い光沢は共通でも、足の感じ(配置や太さ)が今回のアリとは全く違います。


とすると、このアリは何者???


呼び方は人によってまちまちで、デカクサ、クサアリX、クサアリの一種、が確認されております。

取り合えず私は研究者の先生に習って 『デカクサ』 と呼ぶことにしました。
但し書きとして 『クサアリの一種』 もタイトルには書き添えました。

寄生の様子についてはまた別途アップします。


余談・・・
今回のようなケースで詳細な形態を得ようとすると、今使ってるそこそこのカメラ(200万画素)だとどうしても力不足ですね。
トリミングでどうにかなるレベルを超えてしまった。
そもそもそんな機会に遭遇するなどとは思っても見なかったので・・・汗

いいカメラ、欲しくなるなぁ・・・あぁ物欲様が笑ってる




アメイロケアリはコロニーからホストであるトビイロケアリが全ていなくなった後で、果たしてトビイロケアリの繭を受け入れるのだろうか?

以前どなたかのブログで、アメイロケに全て置き換わった後ではトビケ繭は受け入れられない、との記述を読んだ記憶があり・・・

果たしてどうだろうか?
追試を兼ねて実際に自分で確かめてみました。

結果、先達の報告通り 『受け入れない』 という結果でした。


ちょうど女王だけが死んでしまったトビイロケアリのコロニーがあったので、残された繭全てを3年目アメイロケアリのコロニーに入れてみました。

最初の反応、トビケ繭そのものへの興味が薄いようです。
それでも少しずつ、ごく一部のアメケWが繭を巣室内へ運び始め最終的には入れた繭全てが運び入れられました。

以後、見ていると日に1、2個ずつ、恐らく(間違いなく)トビイロケの繭が食べられていました。

アメイロケにしてみれば 『扱いは繭ですが、用途はエサ』 だったかも知れません。

入れた繭の数が50個以上と多かったせいなのかどうなのか、それでも数匹ですがちゃんとトビイロケアリが羽化してきました。
幾匹かは羽化まではさせて貰えたようです。

がしかしそれも僅かの間。

体色が黒く色づくことなく、羽化したトビイロケアリは数日のうちに全てコロニーからいなくなってしまいました。

アメイロケアリに排除されてしまったんですね。

見ている限りでは栄養交換すらして貰えてなかったようです。
たまに栄養交換してもらえても、逆に羽化したトビイロケからアメイロケが栄養を貰う方向のようで、それも貰うというよりも無理やり搾り取ってるというか、搾取に近い栄養交換・・・

居場所もコロニーの中心部から一番遠いところでポツ然とたたずむことが多く、完全に 『仲間はずれ』 の扱いでした。

IMGP5758.jpg   IMGP5759.jpg


寄生の最終仕上げのプロセスを垣間見れた気がしました。


IMGP5711.jpg   

最近になってやっとスイッチが入ったんでしょうか。アメイロケアリでやっと本格的な活動が始まったようです。

卵塊が増えてきていて、いま2つになりました。
4月末は卵塊が1つだけでしたので、ここ1週間ばかりで倍になったと思われます。

女王のおねだり行動も頻繁に見られるようになっています。
よくみると女王の腹部も少し膨らんできているようです。

IMGP5720.jpg

見ているとこの『おねだり』、どうやら2パターンあるようです。
女王自らが要求する場合と、働きアリが女王に食べさせようとする場合。

どちらも女王は『おねだり』しながら栄養を貰っているので同じといえば同じなんですが、きっかけが違うというか、気の利く働きアリがいる、といえばニュアンスが伝わるでしょうか。

女王が近づくと大顎をあけて、しかも口に少し戻した状態で『どうぞ!』と言わんばかりに構えます。
IMGP5721.jpg

でも『どうぞ!』をしている時間はすごく短くて、ちょっとでも女王が離れるとすぐにやめてしまいます。

女王が歩く先々でそういった気の利く働きアリがいるので、女王目線で言うなら、歩いてても常に顔の傍らにご飯が並んでいる状態に見えてるんではないでしょうか。
働きアリにしてみても、女王にあげたくてあげたくて仕方がない、という風に見て取れます。
IMGP5713.jpg  IMGP5724.jpg

こういった行動は他のアリでは私はあまり見たことがありません。
寄生種ならではの行動、なのでしょうか。




アメイロケアリでやっと産卵が始まりました。
ホッとしました。

他のアリ達はどんどん産卵を始めてる中、唯一アメイロケアリだけが産卵を始めず・・・正直ヒヤヒヤしてました。
去年と比べると1ヶ月遅れの産卵開始です。

また、去年は産卵が先で越冬幼虫の成長が後からでした
今年は逆ですね。
越冬幼虫がどんどん繭を張り始めてるなか、いまやっと産卵です。

IMGP5487.jpg   IMGP5488.jpg

とりあえずはこれで一安心。
うまく増殖サイクルが回りだしそうです。

卵は今のところ15個くらいでしょうか。

さてさて、卵塊はどこまで大きくなるでしょうか。
ワクワクしてきました。




アメイロケアリで越冬幼虫が繭をはり始めました。

玄関先から部屋に移してからも越冬モードと活動モードとの境がどうもはっきりしなかったんですが、どうやら(やっと)活動を開始したようです。
終齢で越冬していた幼虫もこれから順々に繭になっていくと思われます。

IMGP5370.jpg   IMGP5371.jpg

ただ、エサの食いはそこそこなんですが、まだガッツく程ではありません。
女王のお腹もまだ小さいですし、あの特有のおねだりもまだ見られません。

IMGP5369.jpg

様子からして、本格活動はもう少し先になりそうです。


ところで、このアメイロケアリでは晩秋の頃から少しずつ働きアリが減っていきました。
働きアリの減少は越冬中も止まることはなく、越冬が明けてみればご覧のような死骸の山が累々と築かれました。
IMGP5258.jpg


現在の総数は全盛期に比べおよそ2/3か半分くらいでしょうか。

初年度ではこのような大量死はなかったので、今年は何かがよくなかったんだと思います。
もしかしたら、去年働きアリの増加に合わせて飼育ケースを大きくしたことで、逆に越冬中の環境が悪くなってしまったのかもしれません。
これはまた今年の課題です。

とはいえ、コロニー全体をみてみるといたって順調そうです。
越冬幼虫はたくさんいますし成長も始めました。

寄生種は爆殖・・・

産卵が始まりさえすれば十分復調するとみて心配はしていません。
   IMGP5175.jpg

アメイロケアリは越冬したがらない種のようです。
成長させられるものはギリギリまで成長させて、冷え込みがより厳しくなったら諦める、というような感じです。

全体から比べれば半分以下ですが、かなりの数の幼虫が成長をして少しずつ繭をはっていってます。

この気温で果たして羽化まで至るのかとも思いますが、少ないながらも色の薄い若い個体もみつかるのでちゃんと羽化まで漕ぎ着けてるようです。

↓それでも大半の幼虫は越冬モードです。
IMGP5174.jpg

↓女王も健在。産卵は止まっています。
IMGP5176.jpg


秋に入って、このコロニーからついにトビケワーカーがいなくなりました。
次々と羽化してくるアメイロケアリに押されて、トビイロケアリは(追いやられて?)常に餌場にいるようになりました。
そこからは急とは言えなくとも、でも目に見えてトビイロケアリの数が減っていきました。
始めは寿命かなと思ってたんですが、でも見てるとどうもそうでもないような気も・・・

私の勝手な印象ですが・・・

トビイロケアリがお腹に蓄えてる養分は、全てアメイロケアリが巻き上げてるような感じがしました。
栄養交換の方向性が常にトビイロケアリ→アメイロケアリとなっていて逆がほとんど見られない。
トビイロケアリはひたむきにエサを巣内に運ぶ『献身的な運び屋』に徹してたような気がします。

ただこれは単に内勤と外勤の働き分け、とも取れるので何とも言い切れない部分はありますが・・

エサを口にしてるので餓死ではないと思ってはいるんですが、でもなんだか、ジワジワと体力を削られていって死んでしまった、そういった印象です。


このコロニー、いまだに生産活動をしているので中々越冬管理に移行出来ません。
もうここいらでいいだろう、と飼い主が踏ん切りをつければいいだけの話なんですけど・・・これが中々難しい。
成長している幼虫や繭があるのを見ると、ついつい惜しくなってしまいます。
先日のムネアカオオアリに引き続き、アメイロケアリにも朽木を与えました。
こちらも思うところアリアリでの試みです。笑

4545.jpg

↓入れた直後にはもうこのような状態。朽木大好きと言わんばかりの気に入りようです。
4548.jpg

そして、与えた朽木は日を追うごとにアリ達によって手が加えられ形を変えていきます。
日々変化していく様を日を追って記録してみました。

[アメイロケアリ 造形能力]の続きを読む
アメイロケアリは特に蜜系のエサが好きなようです。
4392.jpg

コロニーの調子がいい、という裏づけでもありますが、いつもこんな感じで『アリ山のアリ集り』になります。
見ていて気持ちがいいほどのガッツキっぷりです。

アメイロケアリにはいつも蜜系のエサを同時に2種類与えています。
昆虫ゼリーとメイプル水割りです。

すると、だいたいこんな感じになります。
4409.jpg

毎回こんなはっきりと分かれる訳ではありませんが、でも傾向は明らかにあるようです。
左が昆虫ゼリーで、右がメイプル水割り。

アメイロケアリとトビイロケアリでは好みが少し違うようです。
7月あたりから何となく産卵が止まっていたような印象がありました。
女王のお腹くらいの卵塊がそれ以上大きくならない。
ただ卵塊が小さくなっていくことはあっても、無くなることはありませんでした。

でしたが・・・

どうやら産卵が再開されたようです。
ここ数日のうちに一気に卵塊が2つに増えました。先週までは右の卵塊の半分くらいしか卵はありませんでした。
4698.jpg

また、産卵期(爆殖期?)特有の女王の強烈なオネダリも頻繁に見られるようになってます。
腹部も大きくなってました。
4659.jpg

あとどれくらいの卵塊ができるでしょうか。
春先ほどの勢いではないものの、それでも凄い勢いでまた産卵をしていることは間違いありません。

やはり、アメイロケアリは卵の産み方にムラ(周期性?)があるようです。

それにしても、何が産卵再開のきっかけとなったのでしょうか。
羽化が続いて繭がだいぶ減ってきた頃にスイッチが入った、というのは前回と同じです。
幼虫がほとんどいなくなり、繭の数が今はこれくらいになっています。
4714.jpg


もしかして・・・女王は季節を感じてる?
いま産卵している卵が孵化して、幼虫が成長を止める(越冬モード)かどうか、経過を注意深く観察していきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。